• ブランド商品一覧
  • みんなの口コミ
秋田県を代表する日本酒『まんさくの花』の醸造元である日の丸醸造株式会社が数量限定で造っているぶどうのリキュールです。蔵の地元の横手市産のぶどう『スチューベン』やその他品質の良いぶどうを使用し、吟醸酒用の米麹で造った甘酒で仕込まれています。ぶどう本来の甘みと香りが立ち、十分な飲み応えのある贅沢なリキュールです。
旨みのある辛口がテーマの特別純米酒。旨味に包まれた辛さで飲みやすく、辛口党の方は勿論、辛口が苦手という人も美味しくいただける一本。「うまみのある辛口」は毎日のお料理と好相性。旨味が強いので、味の濃い肉料理などにも負けず、味の相乗効果が期待できる。
キリッとした辛口の中に丸みを帯びた旨味を感じる限定純米酒です。ひと夏じっくりと低温下で瓶熟成させ、綺麗さも兼ね備えたすいすい飲める味わいです。熱燗でもお酒が崩れず、冷や、常温、どの温度帯でも美味しく頂けます。様々なお料理と合わせることができます。
香りは爽やかで、その爽やかな香りにそのまま酔いしれていたい衝動に駆られる。グラスに注いだ梅酒を口に含むと、口に広がるのは、「日の丸醸造」が醸す甘酒のまろやかな甘味。地元横手市産の梅から抽出された梅の酸味。全く無駄のない、完璧な融合の味わい。
薫り高くふんわりと優しいが、どこか芯の強さを感じるお酒。米の香りや味を楽しんで飲むには最適。
バナナを思わせる酵母を使い穏やかで控え目な風味を感じます。のど越しは爽やかで酒の旨味を味わえます。
ほどよく広がる吟醸香、シャープな酒質を目指しましたが、今年は少し厚みも出ました。後口に複雑な酸を持ちながらキレも良く後を引く旨口酒。
「まんさくの花」で、普段は使用しない特別な酵母を用いて造られた酒、隠し酒に当たるのが「Mansaku Koubo Project」。そのうち、第一弾が「Mansaku Koubo ProjectX」こと「MK-X」。どこと無く白ワインのようなニュアンスを感じます。イメージしたのはソーヴィニヨンブラン。柑橘系っぽさや、独特の香り、酸でキリッとした所などがよく似ています。そこに、素朴なお米の旨味や甘味が乗っかり、何とも言えない、複雑な味わいを構成しています。
日本酒はお米を削り雑味を取り除くことで綺麗な酒質のお酒が出来上がりますが、あえて低精米(70%)にすることでお米の味わいや特徴を最大限に引き出しています。低精米でも純米吟醸に勝るとも劣らない味わいを引き出せるのは、これまで多種多様なお酒造りに挑戦してきた当社蔵人の技術と経験の蓄積があるからこそ成せる技です。
白麹を一部使用し、メロンのような香りと爽やかな酸味がマッチする、ワインテイストの味わい。
いつもの亀より希少な金色の亀ラベルです。新酒らしい華やかな香りと、胸をすくような透明感のある爽やかな味わいです。味の奥には亀の尾らしい酸味や旨味を感じることができます。なお、亀の尾は当社の蔵人自ら生産しています。亀の尾を45%まで精米して醸した純米大吟醸。爽やかで透明感のあるボディに、奥行きのある酸味と旨味は亀の尾仕込みならでは。
繊細な酸味をはじめとした、生もとならではの複雑な味わいを持つ一本。
控え目な香り、酸味と旨味のバランスに優れ、繊細ながらも芯の強さを持ち合わせる一本。呑み飽きしない食中酒。
華やかな香り、お米の柔らかな甘み、穏やかで綺麗な酸味、非常にバランスの良い完成度の高い純米大吟醸。火入れだが生酒と間違程の透明感が特長。
超希少米「星あかり」で醸した純米酒。星あかりは東北電力が地域振興のために開発した酒米。生産量は酒米全体の0.01%と絶滅寸前危惧種となっている希少米。とにかく硬く、大変扱い難い米ではあるが、逆に唯一無二の個性であり、大切に守っていきたいお米の1つ。冷やすと白ワイン風の美しい酸味が際立つ一本。酸味がありシャープに感じますが、しっかりとした味わいも持ち合わせたお酒。
程よい吟醸香と透き通るような美しい酸味がバランスに優れ、甘味の奥には辛味や旨味が感じられる一本。喉を通った後の余韻が絶妙で、呑み飽きしないお酒。
ふくよかな旨味、上品な甘味と軽やかな酸味のバランスに優れた味わいの一本。優しさと温かさに溢れるお酒。
現在数蔵しか扱っていない希少な酒米「星あかり」を使用したお酒。非常にシャープで繊細な口当たり、味わい深いほのかな甘みと酸味の余韻が特徴の一本。
槽とはお酒を搾る古式の装置のことであり、酒袋にもろみを入れて搾る手法を槽(ふね)搾りという。ブドウのような香り、新酒のフレッシュ感を引き立たせるためにシャープなボディに、美しい酸味を感じられるように工夫した白ワインのようなテイストを持つ日本酒。