菊の司 純米大吟醸 結の香仕込

菊の司 純米大吟醸 結の香仕込

菊の司酒造株式会社 / 岩手県
  • 商品情報
  • みんなの投稿 (0)

この日本酒の特徴

岩手県が10年の歳月をかけて独自に開発した酒米「結の香(ゆいのか)」を使用し、南部杜氏が丁寧に醸し上げた純米大吟醸酒です。酒造好適米「結の香」は親に「山田錦」「華想い」を持つエリート品種であり、北国の冷涼な気候にも耐える強さを備えています。タンパク質の含有量が極めて少なく、雑味の少ないクリアな酒質が特長です。その粒は透明感があり、まさに酒米のダイヤモンドのよう。精米歩合は40%まで磨き、お米が持つ個性を引き出すよう人の手と目で醸していきます。仕込みの時期の冬は0℃近い気温になり、およそ1ヶ月の時間をかけてじっくりと低温発酵させていきます。低圧で搾り、加水せずにそのまま瓶詰めしております。華やかながらも凛と広がるフルーティな香りをお楽しみください。

おすすめの飲み方

最適な温度
10~15℃
相性の良い料理
情報がありません
相性の良い
料理ジャンル
情報がありません
おすすめのグラス
情報がありません

基本情報

原料米(麹米)
結の香
原料米(掛米)
結の香
精米歩合(麹米)
40%
精米歩合(掛米)
40%
酵母
非公開
日本酒度
2
酸度
1.3
アルコール度数
16%
アミノ酸度
非公開

取扱店舗

取り扱い店舗がありません

蔵元情報

酒造名
菊の司酒造株式会社
住所
岩手県盛岡市紺屋町4-20